About

Pocket

会社員のメリットとフリーランス的自由

会社員でもない、フリーランスでもない、「パラリーマン」

会社に縛られずに、やりたい仕事がしたい。でも、外部のフリーランスとして、請け負った範囲の仕事だけするのも味気ない。そんな風に考えて、当面の落ち着きどころとしてたどり着いたのが、パラリーマン(=パラレル・サラリーマン)という働き方。

複数の会社で“なかの人”として働き、定額月報酬という給料に近いカタチの収入を得る。サラリーマンのように定額収入があるので、フリーランスにありがちな月次の浮き沈みが小さいのが特徴。似た言葉に、パラレル・ワーカーという言葉があるけれど、なんとなくカッコつけた印象があるし、収入の得方のバリエーションが多すぎて参考にしづらい。
サラリーマンの延長感覚の働き方、会社員のメリットを手放さないままフリーランス的な自由を手に入れられる働き方として、パラリーマンという働き方はけっこう良い感触。

とか言いつつ、まだまだはじめたばかりなので、大きな落とし穴もあるのかも。この先どうなるかは正直分からないけど、自分用の備忘録がてら、いろんなことを書き残していく。

↓書き手の素性はこちら